命は計算できるか

命は身体の中に含まれている。人間は身体と精神で出来ていて、身体も精神もどちらも分離することは出来ない。身体と精神が分離できないのは、分離すると人間ではなくなってしまうからである。人間でなくなることは、命が失くなることである。命は、身体と精神が分離できない状態で存在している。命は、身体と精神が一体化しているところにある。そうすると、身体と精神が分離するところを知ることが出来れば、命の長さを知ることが出来るはずである。そういう考えのもとで命は計算できるとして出来た学問が、算命学である。生命の誕生は、とりもなおさず必ず死ぬことがあることの予告である。生まれてこなくては死ぬことはない。死は生によって、生じた。そうすると、生まれることが死に最も深い関係にある。というよりは、誕生は死と直結している。つまり、死に対する考えの根本は、誕生にあると言いきっても過言ではない。死の形は、大きく分けて、二つある。一つは自分の意志によるものと、もう一つは自分の意志ではないものとである。前者は自殺であり、後者は自殺以外の死がすべて含まれる。後者をさらに分けると、病気による死と事故による死となる。自殺による死と自殺以外の死、そして病気の死と事故の死と、死の形がどんなものであれ、死は死である。そして、死の形がどんなものであれ、死はすべて誕生があったが故に起きるのである。一般的には、死の事実が起きたときに、死に直接つながる原因に重点をおいて考えるものである。自殺をすればしたで、金のことか、異性のことか、あるいは仕事上のことかといろいろと詮索をする。病気で死ねば、酒を飲み過ぎたとか、日常生活が不摂生だったとか、いろいろの面で無理をしすぎたとか、あるいは年令的に死がくるのは当然だとかと、病気の原因を取りざたする。さらにそのことよりも、死に至った直接の原因を知ろうとする。たとえば、病死ならば脳梗塞、心筋梗塞、あるいは癌などのように死に直接つながった原因を知ろうとする。事故死にしても、同じようなもので、死につながる原因をさぐろうとする。

このような考え方をするのが、一般的な考えである。実際のところ、それ以上の考えをしようとしてもどうにもならない。古代中国人は、死について、原因探究は探究として当然のこととし、それ以上の考え方を進めて行った。それ以上の考え方、それは、死がどうして起きるのかではなく、死が何故あるのかである。死がどうして起きるのかまでは、いままで述べてきた死の原因の探究である。死が何故あるのかは、死に直接つながった原因のもっと奥にある原因を知ろうとするものである。このように考えを進めてくると、死は、死がおきるための出発点、つまり、誕生にあるということになる。つまり、死を知ることは、死を生ずる原因である誕生を知ることである。誕生日を研究することによって、死ぬ時期を知ることが出来る。死を知ることは、死に至る原因、どんな死に方なのかより、何時死ぬかの方が大切である。何時死ぬかが分かれば、あとはどんな死に方をしようと、死ぬのは死ぬのである。そこで生まれて来たときのことを考えてみよう。生まれて来たときのことは、大きく分けて、二つある。一つは生年月日であり、もう一つは生まれたときの環境である。生年月日は暦と関係がある。暦を作り上げるときに、天気、地気を繰り込んだことは前述した通りである。つまり、生年月日による「気」を徹底的に研究することで、死を知ることができる。死を知ることができれば、寿命の長さを知ることが出来る。寿命の長さを知ることができることは、結局命の計算ができることである。このような考えがもとになって、命の計算、算命学ができたのである。