納音の人間関係(2017年1月、日干支の見方、SMAP、若貴、高島・高知)

かつてスマップは6人グループでした。日干は戊が3人、辛が3人という偏った集団でした。日干は自分自身を表すため、同じ日干の人とはバランスが取りづらいものです。(仕事でも結婚でも)

2017-1SMAP
まず、中居さん草彅さん森さんの3人が辛です。6人のグループに同じ日干が3人もいたら普通は3人がバラバラになるものです。
しかし、中居さんの辛巳と草彅さんの辛亥は納音です。納音とは宇宙盤の正反対にある組合せで(宇宙盤を参照)正反対の気を備えています。日干支が納音の相手というのは自分にないものを持つ人で互いに惹かれあう良い関係を築くこともできます。しかし悪く出ると、競い合いになり対立関係になってしまいます。
反対の気を備えているのだから、2人が肩を並べようとしてはいけないわけです。

そのため、納音の相手とうまく付き合う一番簡単な方法は、上下関係を作ることです。どちらが上で、どちらが下であるかを明確にすれば、2人が争うことはありません。
この場合は、中居さんがリーダーで年上であるため上の立場となりやすく、草彅さんがそれを認めていれば2人の関係はうまくいきます。もし草彅さんが中居さんに対抗しようとしたら、2人は対立関係になりうまくいかなくなります。
おそらくこの2人の間には暗黙の上下関係があったのだと思われます。そのため、2人の関係は良好だった。

しかし、そうなると、もう一人の辛である森さんは3人の中で浮いた存在となってしまい、グループ内での居心地が悪くなります。これは森さんがスマップを脱退した理由の一つだと思います。

次に、木村さん稲垣さん香取さんも同じ日干です。
そして木村さんの戊申と稲垣さんの戊寅が納音です。そのため2人の間に上下関係ができれば関係は円滑にいきます。木村さんが上、稲垣さんが下として、それを双方が認めていれば2人はうまくいきます。 
宿命的にも、中居さんと木村さんは、草彅さん稲垣さんより上格です。上下ができておかしくありません。

その上、稲垣さんと草彅さんには逮捕歴があります。グループ活動が一時自粛され、その時は他のメンバーに頭が上がらなくなったはずです。その後、自分を受け入れてくれた中居さんや木村さんに恩義を感じてもおかしくない。増々、対抗しようという気はなくなったと思われます。

しかし、そうなると3人の戊の中で香取さんは浮いた存在になりやすい。特に納音の上の者である木村さんとの関係がうまくいきづらい。
おそらく、香取さんを支えていたのはジャニーズを退社した女性マネージャーA氏であったと思われます。そういう支えがなければ、このメンバーで活動を続けるのは難しいからです。A氏は香取さんを小学生から可愛がり、香取さんもA氏を慕っていたそうです。A氏がいなくなると香取さんは精神的、運勢的にダメージを受けます。
香取さんは大変な才能の持ち主でグループの成功には欠かせない人でしたが、A氏なくしてこの人間関係を維持するのは難しい。スマップ解散の原因に、この納音関係が影響していたと思われます。

 

2017-1wakataka

かつて若貴として相撲界を沸かせた兄弟も、日干支が納音です。(乙巳と乙亥)
2人に上下があり、たとえば貴乃花が上、若乃花が下という状態であれば、関係はうまくいきます。しかし、相手に対抗しようとなると、うまくいかなくなります。
もし、貴乃花が横綱、若乃花が大関という状態を保っていたならば兄弟の関係は良好であったと思われます。しかし、若乃花が貴乃花に肩を並べようとした時から、すなわち平成7年九州場所の優勝決定戦の日から、兄弟仲が崩れていったのだと思われます。

 

2017-1Takashima

昨年、高知さんが愛人と覚醒剤を使用している所を逮捕され、離婚になりました。このご夫婦も日干支が納音です。  芸能人として、高島さんが上、高知さんが下という関係を2人が了承していれば、離婚にはなりません。しかし下であるはずの高知さんが不倫すると、2人の関係は崩れます。なぜなら、不倫というのは相手を見下す行為であり、下の者がするとつり合いが取れなくなるからです。
この夫婦の離婚の原因は覚醒剤ではなく、高知さんの不倫であると考えられます。
納音の夫婦の場合、上の者が浮気をしても離婚にはなりませんが、下の者が不倫をすると離婚になります。

 

朱学院副校長 佐藤直樹

※ 無断転用、無断転載を禁ず

 

 

話題のあの人の「宿命」も自分で読み解けるようになる

数千年の歴史と最高の奥義を持つ算命学を広めるべく設立された、日本で最初の算命学の学校が朱学院(1974年創立)です。