性格が分かります

何よりもまず、己を知る事が重要です。自分の宿命を知り、自分がどんな人間なのかがわかれば、自ずと自分に会った生き方がわかってくるのです。
自分にはない才能が必要な願望を持っても、それは高望みでしかなく、いくら努力をしても無駄になります。
努力をすれば夢が叶う…というのは真実ではなく、努力は万能ではないのです。その人の素質に合った生き方を選び、その上で努力するからこそ実を結ぶというのが本当の姿です。
そのためにも自らの性格を理解する必要があります。
宿命、性格、運勢がわかれば、自分に合った生き方ができ、自然と必要な人たちが寄ってくる…こうした自然の法則を算命学は教えてくれます。

家系、先祖、子孫のことが分かります

宿命で親縁が薄い人、長男に産まれたが家系とのつながりが薄いなどの人が、家業を継ぐなど家に留まると不幸になります。
この場合は、長男は家を継ぐもの…という固定観念にとらわれない生き方の選択が必要です。
逆に、家に留まることが宿命の方もいるので、自分の宿命を知り、自身と家系との関わりを知る事で運勢をのばすことができます。
子供縁が薄い人は、自分の思い入れを子供に被せてしまうと、子供の人生が曲がってしまいます。他人の子供を預かっているつもりで育てることで、子供の運勢を下げないように接し方を考えることができます。

結婚の時期や健康のことが分かります

結婚運が悪い宿命の人にも、向いている結婚のパターンがあります。例えば、国際結婚など、文化・習慣・宗教・食などのギャップ(溝)がある方を相手に選ぶことで、結婚運を引き寄せることができます。
そのような巡り合わせがおきたり、身体のリズムが変わるタイミングを知る事ができます。

金運、財運、不動産運が分かります

財運が悪い人は、財を求めても身につくことはありません。このような宿命では、お金を求めない(固執しない)ことが大切です。
スポーツや技能が好きだから高いレベルを求める、といったように、仕事の目的をお金や名誉におかなければ良いのです。

過去、現在、未来が分かります

家系や金運の話とも通じるものがありますが、宿命を知る事でその人の才能、適職が分かるので、今の会社や職業があっているかどうかが分かります。
宿命の基本として、あらゆる人との相性や運勢の良し悪し、接し方など対処方法が分かるので、人間関係がスムーズにいきます。
あなたが経営者なら、社員、部下の適性が分かり、また人と人の相性や接し方、距離感がわかるので、会社の経営や取引がうまくいきます。

加えて、この世において自分に与えられた役割が分かります。また人間の生きる目的が分かります。
人生で悩みが少なくなり、生きるのが楽になります。